市場ニュース

戻る
2015年11月24日09時20分

【市況】日経平均は3円安でスタート、利益確定売り先行も小動き/寄り付き概況


日経平均 : 19875.99 (-3.82)
TOPIX  : 1601.35 (-1.83)

[寄り付き概況]

 日経平均は僅かに下落して始まった。23日の米国市場は前週に大幅上昇していたため、利益確定の売りが出やすく、NYダウは31ドル安だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円安の19865円となり、この流れから朝方は利益確定の売りが先行する格好に。大阪225先物は19900円とシカゴ先物を上回って始まり、その後19920円まで上昇した後、19860円と下げに転じている。しかし、寄り付き後は値幅40円弱の小動きとなっている。

 セクターでは金属、鉄鋼、パルプ紙、医薬品、化学、精密などが堅調。一方で、空運、証券、ゴム製品、石油石炭、鉱業、不動産などが下落。売買代金上位では、トヨタ<7203>、ソフトバンクグ<9984>、富士重<7270>、三井住友<8316>、キーエンス<6861>が下落。一方で、日東電工<6988>、ソニー<6758>、アステラス<4503>、NTT<9432>、日本郵政<6178>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均