市場ニュース

戻る
2015年11月23日20時02分

【為替】欧州為替:ドルは123円10銭台でのもみあいが続く、株価動向は意識されず


ドル・円は123円18銭近辺で推移。欧州諸国の株安は継続しているが、株式相場の動向を意識した取引は限定的となっている。123円以下には個人勢などのドル買い興味が残されており、具体的なドル売り材料が提供されない場合、ドルは123円近辺で下げ渋るとの見方は変わらず。ロンドン市場におけるドル・円は123円08銭から123円20銭で推移。


ユーロ・ドルは軟調地合い、1.0616ドルから1.0644ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、130円77銭から131円03銭で推移。

■今後のポイント
・欧州株安もリスク回避的なドル売り・円買いは限定的
・123円以下に個人勢などのドル買い興味残る

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均