市場ニュース

戻る
2015年11月23日19時57分

【市況】23日の米国株見通し:NYダウは伸び悩みか、欧州株安を嫌気して反動安の可能性も


『米株式市場』23日のNYダウは伸び悩みか。米国株式相場は上昇。ダウ平均は91.06ドル高の17823.81、ナスダックは31.28ポイント高の5104.92で取引を終了した。セントルイス連銀総裁が利上げに積極的な発言をしたことで利上げ時期への不透明感が払拭され、買いが先行。堅調な主要小売決算を受けて、アパレル銘柄を中心に買いが広がり、終日堅調推移と
なった。セクター別では、耐久消費財・アパレルや小売が上昇する一方でエネルギーや食品・飲料・タバコが下落した。


欧州諸国がテロ対策を強化しており、域内の経済活動にも影響が及ぶ可能性があるとみられている。欧州各国の株価はやや下げており、米国市場でもリスク回避的な取引がやや増える可能性がある。20日に上昇したセクターなどは反動安も意識されそうだ。


目先におけるNYダウの下値目処は17700ドル近辺、上値目処は17950ドル近辺か。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均