市場ニュース

戻る
2015年11月20日15時43分

【材料】カカクコムが3連騰で年初来高値を更新、引き続き「上期経常20%増」が見直し買いを誘う

カカクコム 【日足】
多機能チャートへ
カカクコム 【日中足】

 カカクコム<2371>が3連騰。77円高の2297円と高値引けとなった。朝方に一段高となり、9時42分には2297円と10月29日の年初来高値を更新。その後は、高値圏でもみ合う展開が続いた。同社は今月5日昼休み時間に発表。6日に急反落場面を見たが、同日引けにかけ下げ幅を急縮小して同日は終了。その後、2100円台でのもみ合う展開が続いたが、18日から見直し買いなどが流入。2016年3月期第上期(4-9月)連結決算は、経常利益が前年同期比20.3%増の87.1億円と伸びた。2007年3月期に連結決算を開始、翌08年3月期から9期連続2ケタ増収2ケタ増益と高成長が続いており見直し買い人気がこの日も続いたようだ。
 「価格.com」事業では、季節家電が7月から売れ始めたうえファッションなど消費財も好調に推移。マネー関連も堅調な伸びが続いている。8月にはインドに進出し、Priceprice.com(4カ国合算)UUは9月末で590万人となった。また、「食べログ」事業では国内課金飲食店数が順調に増加、プレミアムプランの効果もありARPUも上昇傾向にあり個人課金ユーザー数が9月末で113万人を突破した。海外主要エリアは米4州に拡大し、合計11エリアをカバーしている。新興事業では旅行関連が夏休みハイシーズンに売上が大幅に増加。火災保険も料率改定に伴う駆け込み需要により申込数が大幅に増加した。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

【関連記事・情報】

日経平均