市場ニュース

戻る
2015年11月20日14時04分

【材料】ルネサスが後場急動意、独半導体大手の出資観測で一時ストップ高

ルネサス 【日足】
多機能チャートへ
ルネサス 【日中足】

 ルネサスエレクトロニクス<6723>が後場急動意し、一時ストップ高。前引け時点では18円安の669円だったが、後場寄りから高水準の買いが流入し、売買高も午後1時40分現在で前場の約15倍に膨らんでいる。市場では独半導体大手のインフィニオン・テクノロジーズ同社への出資に関心を示していると一部で報じられ、これが買い人気を誘ったもよう。同社の15年4~9月期決算は最終利益が前年同期比64%増の574億円と回復が顕著だが、10~12月期に急減速するとの見通しを会社側が示したことで11月2日に気配値のまま水準を大きく切り下げる下落に見舞われた。時価は真空地帯を駆け上がり、その時に開けたマドを一気に埋める上げ足をみせている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均