市場ニュース

戻る
2015年11月20日13時20分

【市況】今週は変化日の可能性、日経平均は8月11日高値2万946円から2つのテクニカルシグナル

 日経平均株価はリバウンド相場の最終局面とみる意見が出ている。国内大手証券のテクニカル分析では今週が相場の変化日になる旨を示唆している。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、(1)日経平均株価の短期トレンドは65日前後で変化することが多い、(2)9月29日安値1万6901円から35営業日を経過(フィボナッチ数34に近い)と2つの理由を取り上げて説明している。
 市場では、米系大手証券によるTOPIX先物を大量に買い越しが注目されており、相場の見方について強弱対立する岐路になっているようだ。
《MK》

株探ニュース


日経平均