市場ニュース

戻る
2015年11月19日14時31分

【市況】14時30分時点の日経平均は240円高、ソフトバンクG、日本郵政、キーエンスはマイナス圏


14時30分時点の日経平均は前日比240.02円高の19889.20円。後場は再び強含み、19900円台を回復する場面も。後場の安値は19761.56円、高値は14時19分の19908.44円。為替市場も円高が一服し、ドル・円は123円30銭台で推移している。後場の上海総合指数は0.3%高と上げ幅を拡大。

売買代金上位30社のなかでは、ソフトバンクG<9984>、日本郵政<6178>、キーエンス<6861>がさえず、3社のみマイナス圏での推移。一方、JT<2914>、富士フイルム<4901>、富士通<6702>、村田製<6981>は後場一段高を見せている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均