市場ニュース

戻る
2015年11月19日11時57分

【為替】東京為替:123円41銭近辺で推移、日銀金融政策現状維持の可能性でドル伸び悩み


ドル・円は123円43銭近辺で推移。日経平均株価は276円高で午前中の取引を終えた。本日中の2万円回復が期待されているが、本日開催の日銀金融政策決定会合で金融政策の現状維持が決まった場合、ドルは伸び悩む可能性は残されている。ドル・円は123円34銭から123円64銭で推移。


ユーロ・ドルは下げ渋り、1.0656ドルから1.0718ドルで推移。

ユーロ・円は堅調推移、131円70銭から132円22銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価2万円台回復への期待でリスク選好的な円売り
・123円台前半に個人勢などのドル買い興味残る

・NY原油先物(時間外取引):高値41.05ドル 安値40.67ドル 直近値41.03ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均