市場ニュース

戻る
2015年11月19日10時49分

【経済】(中国)上海総合は小反発でスタート、外資の流入期待が高まる


19日の上海総合指数は小反発でスタート。前日比0.15%高の3573.78ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.21%高の3576.01ptで推移している。外資の流入期待が高まっていることが支援材料。適格海外機関投資家(QFII)などのA株投資枠が10月、11月に追加で拡大された。また、政府が追加の財政出動(公共投資)に踏み切るとの観測も引き続き好感されている。ただ、目だった材料が乏しい中、買いが先行した後はやや伸び悩む展開となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均