市場ニュース

戻る
2015年11月19日09時48分

【市況】日経平均は260円高で19900円回復、東証1部値上がりは1529銘柄、値下がりは263銘柄


09時45分時点の日経平均は前日比260.91円高の19910.09円。18日の米国市場では、FOMC議事録の想定通りの内容を受けてNYダウは247ドル高と大幅続伸。シカゴ日経225先物清算値は大阪比250円高の19940円となり、日経平均はさや寄せの格好から続伸でのスタートとなった。寄り付き後は上げ幅を広げ19900円台を回復する場面も見られたが、日銀金融政策決定会合の結果を控え、積極的な上値追いとはなりづらいか。

郵政グループは3社ともプラス圏でスタート。かんぽ生命保険<7181>はしっかりの展開だが、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>はマイナス圏に転落している。

東証1部の騰落状況は値上がり1529銘柄、値下がり263銘柄。値上がり率上位銘柄は、大阪チタ<5726>、明治海運<9115>、しまむら<8227>、IBJ<6071>、ダイビル<8806>など。値下がり率上位は、ハローズ<2742>、前田建<1824>、トレファク<3093>、TOWA<6315>、住友ベーク<4203>など。


【東証一部の騰落状況】
値上がり数 1529
値下がり数 263
変わらず 120
値付率 99.9%

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均