市場ニュース

戻る
2015年11月18日14時02分

【市況】14時時点の日経平均は前日比82円高、ソフトバンクグがしっかり


14時時点の日経平均は前日比82.33円高の19712.96円で推移している。ここまでの高値は9時07分の19840.00円、安値は13時33分の19669.59円。買い優勢でスタートした東京市場だが、後場は日経平均、TOPIXともに上げ幅を縮小している。一方、マザーズ指数は前日比+1.7%高の800p台で推移。

規模別株価指数では小型株のみマイナス圏で推移している。売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、塩野義製薬<4507>がしっかりだが、三井住友<8316>、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>、NTT<9432>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均