市場ニュース

戻る
2015年11月18日12時26分

【市況】日経平均は戻り高値水準でのこう着、ミクシィなど出遅れ中小型株への見直し/後場の投資戦略


日経平均 : 19785.73 (+155.10)
TOPIX  : 1595.56 (+9.45)

[後場の投資戦略]

 日経平均は戻り高値を更新したが、18-19日に開く日本銀行の金融政策決定会合や、今晩の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨の内容を見極めようと、積極的な取引を控えるムードがある。出来高は10億株を下回っており、後場も商いは膨らみづらい状況であろう。
 金融政策決定会合では現状維持とみられ、サプライズは期待しづらい。ただし、不動産辺りの物色を見る限りでは、緩和トレード的な動きもみられる。サプライズはないとはいえ、ポジション調整として買戻しとみられる動きが、相場を下支えすることになりそうだ。
 その他、日経平均は戻り高値水準でのこう着となり、郵政グループ3社も一服となるなか、低迷していたミクシィ<2121>など新興市場の中小型株などへの見直しに向かわせやすいだろう。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均