市場ニュース

戻る
2015年11月18日10時43分

【材料】富士興産が小幅反落、土壌汚染対策で特別損失2億7300万円を計上

富士興 【日足】
多機能チャートへ
富士興 【日中足】

 富士興産<5009>が小幅反落。買い優勢で始まったものの、その後は売られる展開。若干下げ幅を縮小して、小幅安での推移となっている。
 同社は昨日引け後、16年3月期第3四半期において特別損失2億7300万円を計上する事になったと発表。
 塩釜油槽所敷地内に埋設保管していた汚染土壌の全量を掘削除去し、土壌汚染対策法に基づく認定施設において最終処理すると決定。当該処理費用の見積額を、16年3月期第3四半期において、環境対策引当金繰入額として2億7300万円を特別損失に計上。当該処理を実施することにより、本油槽所における土壌汚染対策は完了する予定としている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均