市場ニュース

戻る
2015年11月18日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は前日比160円高、ソフトバンクグ、Fリテイが上昇


10時時点の日経平均は前日比160.96円高の19791.59円で推移している。米国株は高安まちまちだったものの、ドル・円がやや円安に推移したことなどを材料に東京市場は買い優勢に。日経平均は足元の戻り高値19725円(11/12)をクリアしている。

規模別株価指数では大型株が相対的に強い。業種別では不動産、その他金融、医薬品、サービス、小売、食料品などが上昇している一方、電気・ガス、倉庫・運輸、鉱業、鉄鋼がさえない。売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、ファーストリテ<9983>が買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均