市場ニュース

戻る
2015年11月17日15時40分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):カドカワ、ダイキン、マツダ、新日鉄住金

■カドカワ <9468>  1,795円  +74 円 (+4.3%)  本日終値
 カドカワ<9468>が3日続伸。16日付で岡三証券がレーティングを「中立」から「強気」へ引き上げ、目標株価を2000円に設定している。利益率が高い電子書籍の売上高の増加は全体の利益成長の一つのけん引役となることを評価。今16年3月期通期業績は連結営業利益で会社側計画の70億円(前期実績13億9100万円)に対して80億円の従来予想を据え置いているが、来期は94億円から108億円に引き上げている。

■エン・ジャパン <4849>  3,760円  +150 円 (+4.2%)  本日終値
 エン・ジャパン<4849>が5連騰で連日の新高値。主力の転職サイト「エン転職」は昨年8月に実施したリニューアル効果が発現、求人応募拡大に結び付けているほか、企業側からの広告出稿も急増している。労働者派遣法改正を受けて9月下旬には派遣の仕事まとめサイトである「エン派遣のお仕事情報」もリニューアルしており、ここでも応募者数の押し上げ効果が期待されている。16年3月期営業利益は前期比21.7%増の48億円予想と2割強の増益を確保する見通しで「17年3月期も2ケタ成長継続が有力視される」(国内証券情報部)状況にある。

■ダイキン工業 <6367>  8,740円  +326 円 (+3.9%)  本日終値
 ダイキン工業<6367>が大幅反発。野村証券では、中国空調売り上げは現地通貨ベースで17年3月期に増収に転じる見通しと指摘。中国の住宅販売価格は底打ち、緩やかな回復基調の中、中国売り上げは16年3月期下期から回復が見込まれるとの見方で、17年3月期は米国やアジアなどでの拡販に中国売り上げの回復も寄与して最高益を更新すると予想。「資本財セクターの成長力低下が見込まれる中でも堅調な業績が見込める点を評価したい」として、レーティングを「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価を8200円から1万円に引き上げている。

■マツダ <7261>  2,521円  +88.5 円 (+3.6%)  本日終値
 マツダ<7261>が4日ぶりに急反発。為替の1ドル=123円台への円安進行が好感されているほか、ゴールドマン・サックス証券は17日、同社株の投資判断を強い買い推奨を意味する「買い・コンビクション」に引き上げた。従来は「買い」だった。目標株価は3000円から3300円に見直した。自動車カバレッジ内のトップ推奨とした理由として、「SUVモデルの世界的な好調で他社を上回る台数成長を実現」「フォルクスワーゲンディーゼル不正のマイナス影響は軽微」「17年3月期営業利益はコンセンサス2500億円を上回る2700億円を予想」を挙げている。特に、SUVは生産制約に直面するほど好調な販売が続いていることなどを評価している。

■ユアテック <1934>  1,245円  +42 円 (+3.5%)  本日終値
 ユアテック<1934>が大幅続伸、新高値更新。主要発注先の東北電力<9506>の設備投資需要を取り込むほか、首都圏に営業テリトリーを広げて都市再開発に絡む案件を受注、受注単価の上昇も利益に貢献している。PER12倍台と割安感があり、株式需給面では信用買い残が枯れており、6日申し込み現在の信用倍率は0.8倍で上値が軽い。

■新日鐵住金 <5401>  2,459.5円  +83 円 (+3.5%)  本日終値
 UBS証券の鉄鋼(高炉)セクターのリポートでは、高炉各社のバリュエーションは過去トラフに近く、大方の悪材料は織り込まれていると見るものの、業界を覆う供給過剰という構造問題の解消には長い年月が必要と指摘。価格破壊、市場隔離が加速して市場は危機的な状況とみて、2015年度の高炉3社(新日鉄住金<5401>、JFEホールディングス<5411>、神戸製鋼所<5406>)の経常利益は、会社計画を小幅に下回る前年比40%減と想定。短期的なカタリストとして、中国ミルの減産→市況反転を見込むも、過剰能力が残る限り市況、株価ラリーも短命とみて、株価は低位でのレンジバンドを予想。個別では新日鉄住金をトップピック推奨している。

■日経レバ <1570>  16,220円  +450 円 (+2.9%)  本日終値
 NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信<1570>が急反発。同商品は日経平均株価の2倍の値動きが想定されるETFで「前週半ばに商い減少傾向にあったが、フランスの同時テロで有事リスクが高まったことで、店内でも個人投資家の売買が再び活発化する傾向にある」(国内ネット証券)という。きょうは前日の下げ分を大きく上回り、一時530円高の1万6300円まで買われた。

■イハラケミカル工業 <4989>  1,596円  +41 円 (+2.6%)  本日終値
 イハラケミカル工業<4989>が続伸。同社は16日の取引終了後、18年10月期を最終年度とする中期経営計画を発表した。最重要事業であるKI剤共同事業・化成品事業(有機中間体・精密化学品・ウレタン硬化剤・産業薬品)の最大化遂行に加え、同事業で培った有機合成技術とグローバル調達拠点網を駆使し事業領域を拡大。目標最終年度である18年10月期に連結売上高660億円(15年10月期予想410億円)、営業利益68億円(同49億円)を目指す方針。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均