市場ニュース

戻る
2015年11月17日14時50分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にスマートバリュー

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の17日14時現在で、スマートバリュー<9417>が「買い予想数上昇」で3位となっている。

 この日は朝方から買い優勢の展開で、前場序盤からストップ高カイ気配のまま推移している。16日の取引終了後、三井物産<8031>100%子会社の三井物産エレクトロニクスと共同で、特殊車両メーカー向けに、はたらくクルマを短期間・低コストでIoT(Internet of Things=モノのインターネット)へ対応させるサービスの提供を開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。
 同サービスは、車両のECU(エンジンコントロールユニット)からCAN情報(車載LANであるCANで伝送される車載機器の制御情報)などを取得し、Wi-Fiや携帯電話などを利用してサーバへデータを送信する汎用ユニットを、車両ごとにセミカスタマイズすることで、短期間にはたらくクルマの稼働情報をクラウド上へ連携できる仕組み。クラウドへ送信されたCAN情報は、スマートバリューが提供する自動車向けM2M/IoTサービスプラットフォーム「CiEMS(シームス)」へ送信されるため、新たに、データ受信側の環境を構築する必要がなく、低コストでデータを管理できる環境が完成するとしている。
 IoT関連銘柄として関心が高まっていることに加えて、事業拡大への期待の高まりが買い予想数の上昇につながっているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均