市場ニュース

戻る
2015年11月17日12時12分

【市況】トレンド追随による短期的な値幅取りが中心に/後場の投資戦略


日経平均 : 19706.45 (+312.76)
TOPIX  : 1592.34 (+20.81)

[後場の投資戦略]

 日経平均は5日線を上回って始まると、その後は同線を支持線として直近高値水準を捉えてきている。テクニカル面ではMACDは前日に陰転シグナルを発生させていたが、再びシグナルを上回ってきており、ダマシとなる可能性。また、パラボリックについても、前日に陰転シグナルを発生させているが、これがダマシになる可能性がある。
 先物主導によるインデックスに絡んだ商いによる影響もあると考えられるほか、依然としてテロへの不安感から積極的には手掛けづらい状況にもある。そのため、指値は膨らみづらく、インデックス売買の影響で値動きが荒くなる傾向もあるだろう。日銀の追加緩和への思惑から下値は堅いだろうが、トレンド追随による短期的な値幅取りが中心になりやすい。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均