市場ニュース

戻る
2015年11月17日12時01分

【材料】浜松ホトニクスが3日ぶり反発、国内調査機関は来期から成長加速の確度が高まっていると評価

ホトニクス 【日足】
多機能チャートへ
ホトニクス 【日中足】

 浜松ホトニクス<6965>が3日ぶり反発。買い優勢で始まり、その後もプラス圏をキープしている。
 TIWでは、15年9月期業績が未達となったことや今期営業減益の計画が示された点は物足りなさが残るものの、期待の案件がより具体化し、来期からの成長加速の確度が高まっていることは評価できると指摘。10月以降、新年度に入ってから需要は戻ってきているとみて、用途・業界別では医用機器と産業機器向けが過去最高売上を更新し、伸びを牽引すると解説。
 レーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均