市場ニュース

戻る
2015年11月17日11時23分

【材料】UBICが急動意、ヴイストンと生活密着型ロボットを共同開発

フロンテオ 【日足】
多機能チャートへ
フロンテオ 【日中足】

 UBIC<2158>が急動意。一時、前日比100円高の834円まで買われた。同社はきょう、ヴイストン(大阪市)と生活密着型ロボット「Kibiro(キビロ)」を共同開発したと発表。これが刺激材料となっているようだ。
 キビロは、UBICの人工知能を搭載し、ヴイストンが設計・製造を担当。UBIC子会社のRappaを通じて、2016年前半に民間企業や公共団体など法人向けの提供を開始し、16年後半に家庭向けへの提供を開始する予定だとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均