市場ニュース

戻る
2015年11月17日09時11分

【材料】OKIが高い、自動運転システムで位置把握の通信技術

OKI 【日足】
多機能チャートへ
OKI 【日中足】

 OKI<6703>が高い、株価は2013年4月下旬以来約2年半ぶりの安値圏にあるが、目先売り物が枯れてきた感触だ。自動車分野のIT化が進展するなかで、自動運転システムをテーマとする技術開発に完成車メーカーをはじめ各社しのぎを削っている状況となっている。17日付の日本経済新聞が「(同社は)自動車に搭載している自動料金システム(ETC)を活用し、低コストで車両の位置を把握する通信技術を開発した」と報じており、これが株価の刺激材料となっている。「自動運転で位置情報の精度を補完する製品として2018年度をめどに実用化を目指す」と伝えており、今後同テーマの関連株の一角として注目されそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均