市場ニュース

戻る
2015年11月17日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):クリエイトS、スマバ、NVC、日本マイクロなど

■クリエイトS <3148>  7,820円  +450 円 (+6.1%) 特別買い気配   09:06現在
 16日に業績修正を発表。「今期配当を実質増額修正」が好感された。
 クリエイトS <3148> が11月16日大引け後(19:30)に配当修正を発表。12月15日割当の1→3の株式分割に伴い、年間配当を従来計画の70円→47円(前期は65円)に修正した。年間配当は実質1.4%の増額となる。
  ⇒⇒クリエイトSの詳しい業績推移表を見る
 同時に発表した「1→3の株式分割を実施」も買い材料。
 16日、クリエイトS <3148> が12月15日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施すると発表したことが買い材料。最低投資金額が現在の?分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いが向かった。

■スマートバリュー <9417>  1,995円  +120 円 (+6.4%) 特別買い気配   09:06現在
 16日に発表した「特殊車両向けIoT化サービスを開始」が買い材料。
 三井物産エレクトロニクスと、特殊車両メーカー向けに、フォークリフトなどの特殊車両を短期間・低コストでIoT化させるサービスを提供開始。

■NVC <3394>  3,640円  +210 円 (+6.1%) 特別買い気配   09:06現在
 16日に発表した「寺岡製に仮想インフラ関連製品導入」が買い材料。
 ニュータニックス社のハイパーコンバージドインフラストラクチャ製品を寺岡製 <4987> [東証2]に導入。短期間で基幹系システムを更改し、仮想環境の設計・管理工数を削減する。

■日本マイクロニクス <6871>  1,071円  -69 円 (-6.1%)  09:06現在
 16日に決算を発表。「今期経常は54%減益へ」が嫌気された。
 日本マイクロ <6871> [JQ] が11月16日大引け後(15:00)に決算を発表。15年9月期の連結経常利益は前の期比82.9%増の64.9億円に拡大したが、16年9月期は前期比53.8%減の30億円に大きく落ち込む見通しとなった。
  ⇒⇒日本マイクロニクスの詳しい業績推移表を見る

■ヤマウラ <1780>  475円  +22 円 (+4.9%)  09:06現在
 16日に発表した「株主優待制度を拡充」が買い材料。
 株主優待制度を拡充。保有株式数100株以上で地場商品2000円相当→同2500円相当、1000株以上で同3500円→同6000円、3000株以上で同8000円→同8500円に変更する。

■gumi <3903>  1,262円  +53 円 (+4.4%)  09:06現在
 16日に発表した「VR技術開発の支援子会社設立」が買い材料。
 「バーチャルリアリティ(VR)」技術を活用したプロダクト開発を行うスタートアップを支援する子会社を設立。

■テクノスジャパン <3666>  2,623円  +88 円 (+3.5%)  09:06現在
 16日に発表した「2.94%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 16日、テクノスJ <3666> が発行済み株式数(自社株を除く)の2.94%にあたる15万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は2015年11月17日から2016年2月26日まで。

■ドリームインキュベータ <4310>  2,050円  +65 円 (+3.3%)  09:06現在
 16日に発表した「投資先企業マイネットが上場承認」が買い材料。
 投資先でスマートフォン向けオンラインゲームを運営するマイネット <3928> [東証M]の東証マザーズ上場が承認された。同社はマイネットの発行済株式の1.6%を保有している。

株探ニュース

日経平均