市場ニュース

戻る
2015年11月16日18時37分

【市況】明日の株式相場見通し=同時テロの影響で続落、欧米市場の反応を懸念

 あす(17日)の東京株式市場は、フランス・パリの同時テロ発生が、世界経済にもたらすマイナス影響を見極めたいとの姿勢が継続することが予想され、売り優勢で日経平均株価は続落となりそうだ。
 市場関係者からは「現地時間13日夜に発生した仏同時テロの実体経済への影響について、欧米株式市場ではほぼ織り込まれておらず、16日の欧米株式市場の動向が懸念される。もし、大幅に下落するようなことになれば、あすの東京株式市場にも影響が及びそうだ」との見方が出ていた。ただ、過去のロンドンやスペインでのテロ発生時には、株式市場への影響は短期間にとどまったとの経験則もある。
 16日の東京株式市場は、日経平均株価終値が前週末比203円22銭安の1万9393円69銭と続落した。寄り付き前に発表された7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が、事前の市場予想を下回る内容となったことや、外国為替市場での円高進行を嫌気して一時、340円程度まで下落する場面もあった。しかし、その後は下落幅を縮小し、午前10時過ぎ以降は、ほぼ200円安水準での小幅な値動きに終始した。
 日程面では、9月の特定サービス産業動態統計確報、10月の首都圏・近畿圏マンション市場動向に注目。海外では、EU総務相理事会、米10月の鉱工業生産指数、欧州10月の新車販売が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均