市場ニュース

戻る
2015年11月16日15時55分

【市況】東京株式(大引け)=203円安、同時テロ受け利益確定売り

 16日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比203円22銭安の1万9393円69銭と続落し、6日以来の安値水準となった。東証1部の売買高概算は、17億8750万株、売買代金概算は2兆357億9600万円。値上がり銘柄数は417、対して値下がり銘柄数1380、変わらず116銘柄となった。
 寄り付き前に発表された7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が、前期比0.2%減、年率換算0.8%減と、事前の市場予想を下回る内容となったことから、これを嫌気して売りが先行した。また、前週末の欧米株式市場の軟調推移や外国為替市場での円高・ドル安進行も売り拍車を掛けた。さらに、前週末にフランス・パリで発生した同時テロの実態経済へのマイナス影響が懸念されていることなどもあり、一時340円程度まで下落する場面もあった。
 ただ、その後は下落幅を縮小し、午前10時過ぎ以降はほぼ200円安水準での小幅な値動きに終始した。
個別銘柄では、同時テロの影響が懸念される欧州での売上比率の高いマツダ<7261>、任天堂<7974>などが売られ、欧州地域への旅行自粛ムードによりJAL<9201>、ANAHD<9202>も値を下げた。このほか、ディー・エヌ・エー<2432>が後場下げ幅を広げ、関電化<4047>、日農薬<4997>も大幅安。かんぽ生命<7181>、第一生命<8750>も軟調推移。半面、東燃ゼネ<5012>と経営統合に向けた交渉に入ったと報じられたJX<5020>が大幅高に買われ、コロプラ<3668>、ネクソン<3659>、サクサ<6675>、アスクル<2678>も堅調な推移となった。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年11月16日 16時21分

日経平均