市場ニュース

戻る
2015年11月16日13時04分

【市況】13時時点の日経平均は先週末比218.68円、マザーズ市場ではそーせいがしっかり


13時時点の日経平均は先週末比218.68円安の19378.23円で推移している。ランチバスケットは売り買い均衡との観測。後場ここまでの値幅は僅か30円に留まっており動意薄の展開となっている。一方、マザーズ指数は12時37分に本日の高値をつけるなど相対的に小型株優勢の地合いに。

業種別では、再編機運の高まりを背景に石油・石炭が上昇しており、鉱業、情報通信、精密機器、海運などがじっかり。一方、空運が下落率トップとなっており、その他製品、保険、輸送用機器、電気機器、ゴム製品、水産農林、サービス、小売などが弱い。全市場の売買代金上位銘柄では、みずほ<8411>、コロプラ<3668>、ケネディクス<4321>、NTT<9432>、そーせい<4565>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均