市場ニュース

戻る
2015年11月16日11時38分

【経済】米雇用情勢は本当に改善しているのか?


今月6日発表された10月雇用統計内容については様々な見方が出ているようだ。製造業の雇用者数は増えていないことが一部で問題視されている。9月は-9000人だった。雇用が増えたのは、小売店や飲食店などで時給が比較的低いサービス分野の仕事が多いとの指摘がある。

米サービス分野の産業拡大は雇用増大につながったが、製造業は伸び悩んでいる。最近では、小売店も総じて好調とは言い切れなくなった。有名百貨店の売上高は減少しているところもある。10月雇用統計で比農業部門雇用者数は大幅に増加したが、フルタイム雇用が減少し、パートタイム雇用が増加しているとすれば、雇用情勢が改善しているとは言えないだろう。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均