市場ニュース

戻る
2015年11月16日11時28分

【材料】センコーが反発、米系大手証券ではロジスティクス業界のトップピックの1社と位置づけ

センコー 【日足】
多機能チャートへ
センコー 【日中足】

 センコー<9069>が反発。買い優勢で始まったものの上げ幅を縮小しており、きょうの安値圏で推移している。
 モルガン・スタンレーMUFG証券では、M&A効果が一巡する16年度は11%営業増益となり、伸び率鈍化は不可避と指摘。それでも、16年度同証券予想ベースのPERは11倍、PBRは1.2倍で「割安感が強い」としており、実績値が示す「経営力の質の高さ」は株価に織り込まれていないと解説。
 ロジスティクス業界のトップピックの1社と位置づけ、レーティング「オーバーウエイト」を継続。目標株価を1060円から1080円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均