市場ニュース

戻る
2015年11月16日10時57分

【為替】東京為替:ドルは122円50銭台で推移、アジア諸国の株安警戒でドルは上げ渋る


ドル・円は122円54銭近辺で推移。日経平均株価は172円安で推移しているが、アジア諸国の株式相場は総じて下げている。リスク回避的な円買いは抑制されているが、アジア諸国の株安が続いた場合、リスク選好的な円売り・ドル買いが増えることは期待できないとの声が聞かれている。ドル・円は122円25銭から122円60銭で推移。


ユーロ・ドルはもみあい、1.0687ドルから1.0745ドルで推移。

ユーロ・円は弱含み、130円65銭から131円50銭で推移。

■今後のポイント
・アジア諸国の株安を意識してリスク選好的な円売りはやや抑制される可能性
・122円近辺には個人勢などのドル買い興味残る

・NY原油先物(時間外取引):高値41.00ドル 安値40.58ドル 直近値40.91ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均