市場ニュース

戻る
2015年11月16日09時57分

【為替】東京為替:ドルは122円51銭近辺で推移、株安一服でドル下げ渋りの気配


ドル・円は122円45銭近辺で推移。日経平均株価の下げ幅は縮小しており、リスク回避的な円買いは縮小しつつある。アジア諸国の株価動向を見極める必要はあるが、現時点でリスク選好的な円売り・ドル買いが大きく広がる状況ではないとみられる。ドル・円は122円25銭から122円54銭で推移。


ユーロ・ドルはもみあい、1.0687ドルから1.0745ドルで推移。

ユーロ・円は弱含み、130円65銭から131円50銭で推移。

■今後のポイント
・東京株安は一服、リスク回避の円買いは拡大しないとの見方
・122円近辺には個人勢などのドル買い興味残る

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均