市場ニュース

戻る
2015年11月16日07時16分

【市況】NY金先物週間見通し:下げ渋りか、株安継続で安全逃避の買いが強まる可能性


■NY金先物
安値:1,073.00ドル
高値:1,094.90ドル
終値:1,080.90ドル
前週末比(騰落率):-0.63%

■弱含み、根強い米利上げ観測

NY金先物は弱含み。一部米経済指標の悪化を意識して金を買い戻す動きが強まる場面がったが、米連邦準備理事会(FRB)の12月利上げ観測は根強く、投機筋などの売りは後退しなかった。株安を意識した安全逃避の買いが散見されたが、売り圧力が弱まることはなかった。


■下げ渋りか、株安継続で安全逃避の買いが強まる可能性

想定レンジ:1,065.00~1,100.00ドル

NY金先物は下げ渋りか。欧米諸国の株安が続いた場合、安全逃避の買いが増える可能性がある。パリ市内で発生した爆弾テロ事件は金買い材料になるとの見方が多い。米12月利上げの可能性は高いものの、株安の展開となった場合、安全逃避の買いが金先物相場を下支えする展開もあり得る。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均