市場ニュース

戻る
2015年11月14日00時23分

【市況】【市場反応】米11月ミシガン大消費者信頼感指数/9月企業在庫、ドル買い再燃


 外為市場では予想を上回った米国の消費者信頼感指数や企業在庫を好感したドル買いが再燃した。ドル・円は122円44銭の安値から122円86銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.0795ドルから1.0718ドルへ下落した。

米国の11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は93.1と、市場予想の91.5を上回り7月以来の高水準となった。

同時刻に米商務省が発表した9月企業在庫は前月比+0.3%と、市場予想の0.0%を上回り6月以来で最大の伸びとなった。また、8月分も横ばいから+0.1%へ上方修正された。売上高も8月の-0.6%から横ばいに改善。売上在庫比率は1.38と、8月の1.37から上昇した。

【経済指標】
・米・11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:93.1(予想:91.5、10月:90.0)
・米・9月企業在庫:前月比+0.3%(予想:0.0%、8月:+0.1%←0.0%))

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均