市場ニュース

戻る
2015年11月13日10時11分

【市況】日経平均株価の下落幅は300円超える、米株式の大幅安などを嫌気

 13日前場の東京株式市場は、日経平均株価が一時、前日比308円安の1万9388円まで売り込まれ、下落幅が300円を超えてきた。
 前日までの7日続伸で短期的な過熱感が強まっていたことや、前日の米株式市場でのNYダウ平均株価大幅安を嫌気して、自動車、電機などの輸出関連の主力株や、石油など資源関連株が売られるなど、ほぼ全面安商状となっている。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均