市場ニュース

戻る
2015年11月13日07時39分

【材料】DAC---主力のディスプレイ広告で動画広告が引き続き好調

DAC 【日足】
多機能チャートへ
DAC 【日中足】


デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム<4281>は、インターネット広告関連事業を展開。博報堂DYグループ。

2016年3月期の業績は売上高で前期比14.9%増の1,350億円、経常利益で同41.0%増の35.5億円が見込まれている。第2四半期までの累計業績は売上高で前年同期比13.2%増の645.5億円、経常利益で同121.9%増の24.5億円と好調な推移。スマートデバイス向けの広告や動画広告など注力分野の売上拡大が業績に寄与。インターネット関連事業の売上高が前年同期比10.5%増の630.1億円と伸びたことに加え、投資先の新規上場等によりインベストメント事業の売上高が16.0億円、売上総利益が15.5億円と売上・利益増加に大きく貢献した。同社の子会社である株式会社トーチライトがFacebook社より新たに創設されたInstagram Partnerに初認定されるなど第3四半期以降の業績への期待が高まっている。

また、キュレーションマガジンantenna*を運営する株式会社グライダーアソシエイツとの資本業務提携や、シンガポールNear社との位置情報を活用したデータ連携、タイ最大のポータルサイト「Sanook」との業務提携など、国内外のデジタル広告市場においてワンストップでサービス提供を行う態勢を築き、将来の業績に期待を持てるリリースも相次いでおり、市場からの注目が集まっている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均