市場ニュース

戻る
2015年11月12日09時29分

【市況】日経平均は46円安でスタート、一時プラス圏回復も19600円台半ばでのもみあいに/寄り付き概況


日経平均 : 19644.65 (-46.74)
TOPIX  : 1591.27 (-4.05)

[寄り付き概況]

 日経平均は反落で始まった。11日の米国市場は、ベテランズ・デーの祝日で終日閑散な取引だった。欧州株高の流れを受けて買いが先行したが、その後は原油安が嫌気されていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の19685円となる中、利益確定の売りが先行した。一時、プラス圏を回復する場面も見られたが、19600円台半ばでのもみあいに。

 セクターではパルプ紙、金属製品、建設、不動産、電力ガス、ゴム製品、小売、医薬品、陸運、空運などが堅調。一方で、鉱業、銀行、情報通信、サービス、石油石炭、食料品、繊維、機械などが冴えない。

 売買代金上位では、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀<7182>、長谷工<1808>、コロプラ<3668>、ファーストリテ<9983>が堅調。半面、メガバンク3行が冴えないほか、トヨタ<7203>、アイフル<8515>、ソフトバンクグ<9984>、ソニー<6758>、りそな<8308>、JT<2914>、マツダ<7261>が利食優勢。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均