市場ニュース

戻る
2015年11月11日15時45分

【材料】DMG森精機---急落で1部下落率トップ、決算受け野村證券は投資判断格下げ

DMG森精機 【日足】
多機能チャートへ
DMG森精機 【日中足】


DMG森精機<6141>は急落で東証1部の下落率トップ。前日に第2四半期の決算を発表、7-9月期営業利益は47億円で前年同期比2%の減益となっている。9ヶ月決算の通期予想は300億円を据え置いているが、特殊損益の発生を考慮すると、計画達成に不透明感も高まっているもよう。野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げ、米国で直販体制への変更に伴う一時的な売上減少への懸念、工作機械需要の伸び率鈍化見通しなどをマイナス視へ。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均