市場ニュース

戻る
2015年11月11日15時05分

【為替】東京為替:豪ドルはじり高、中国の経済指標に反応は限定的


豪ドル・円は前日の海外市場の下落から、東京市場ではやや値を戻す展開。今日の取引では86円半ばから86円80銭台までじり高となった。ただ、手がかりが乏しく、値動きは小幅にとどまっている。14時半に発表された中国の経済指標は強弱まちまちとなったことから、反応は限定的。欧米株高などリスク選好の地合いとなれば、上昇の余地はあろう。


ドル・円は122円74銭から123円23銭、ユーロ・ドルは1.0718ドルから1.0774ドル、ユーロ・円は131円87銭から132円33銭のレンジ内で推移した。

・中・10月鉱工業生産:前年比+5.6%(予想:+5.8%、9月:+5.7%)
・中・10月小売売上高:前年比+11.0%(予想:+10.9%、9月:+10.9%)

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均