市場ニュース

戻る
2015年11月11日10時40分

【材料】三機工業が上げ幅縮小、受注環境の改善や不採算工事の減少で通期業績予想を上方修正

三機工 【日足】
多機能チャートへ
三機工 【日中足】

 三機工業<1961>が買い気配で始まったものの、寄り付き天井の形で上げ幅を縮小。プラスを維持しているものの、株価が戻り高値圏にあることから利食い売りが優勢となっているようだ。
 同社は10日引け後、16年3月期連結業績予想の上方修正を発表。通期の売上高は従来予想の1800億円(前期比0.2%増)を据え置いたものの、営業利益は35億円から60億円(同2.0倍)に、経常利益を40億円から65億円(同70.6%増)に引き上げている。
 受注環境の改善や不採算工事の減少などで足もとの業績が堅調に推移しているほか、原価管理の徹底なども寄与する。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均