市場ニュース

戻る
2015年11月10日14時07分

【市況】国内大手証券、通期増額修正と積極的な株主還元に注目して地銀に強気スタンス

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の銀行株のリポートでは、10月の米雇用統計で非農業部門雇用者が事前の市場予想を大幅に上回る前月比27万1000人増となり、平均時給が前年比2.5%上昇したため、FRBによる12月利上げ観測が高まったと指摘。
 米国の雇用情勢が堅調なら金融引締め観測を受けてドルは底堅い展開が続くと見込まれることから、日銀の追加緩和の蓋然性は低下、今後、日本の長期金利の上昇観測が広がり、これまで投資家の関心が低かった銀行株が上昇する可能性があると解説。
 通期増額修正と積極的な株主還元に注目して、地方銀行に強気スタンスを提案している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均