市場ニュース

戻る
2015年11月10日09時11分

【材料】浜松ホトニクスが急反落、16年9月期営業減益予想で失望売り

ホトニクス 【日足】
多機能チャートへ
ホトニクス 【日中足】

 浜松ホトニクス<6965>はウリ気配で始まり5日ぶり急反落。同社が9日取引終了後に発表した16年9月期の連結業績予想では、売上高が1269億円(前期比5.1%増)、営業利益は232億円(同1.7%減)、最終利益は172億円(同3.6%増)を見込んでいる。先行き不透明な欧州経済や中国をはじめとする新興国経済の減速などを考慮して慎重な見通しとなった。増収を確保するものの、本業の儲けを示す営業利益は小幅ながら減益を見込んでおり、2ケタ増益の市場コンセンサスから大きく外れたことで、失望売りを誘う格好となっている。なお、15年9月期連結決算は、主力の光電子増倍管が海外を中心に伸長し、売上高1206億9100万円(前の期比7.7%増)、営業利益235億9600万円(同8.9%増)、最終利益165億9800万円(同9.5%増)だった。




出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均