市場ニュース

戻る
2015年11月10日04時48分

【市況】NY原油:続落で43.87ドル、米中絡みの需給思惑や世界株安が圧迫


 NY原油は続落(NYMEX原油12月限終値:43.87↓0.42)。44.51ドルから43.64ドルまで下落した。中国の10月の原油輸入が大幅に減少したこと。米エネルギー情報会社ジェンスケープが、原油先物の受け渡し拠点オクラホマ州クッシングの在庫が前週増加したとの見通しを示しているといわれることで、原油の売りが優勢になったもよう。



 また、世界経済の減速懸念から、9日の欧州主要株価指数のほとんどが1%超の下落で終了。米国株価指数も大幅な下落となっており(NYダウ一時242ドル安)、原油の売り圧力になった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均