市場ニュース

戻る
2015年11月09日18時58分

【為替】欧州為替:ポンドは堅調、リスク選好の円売りで


ポンド・円は堅調地合い。5日に開かれたイングランド銀行の金融政策委員会(MPC)が「ハト派」的な見解を示したことで、大きく売られた。6日には184円31銭まで値を下げた後、米12月利上げ観測が高まったことでリスク選好の円売りとなり、足元では186円20銭付近まで値を戻した。目先も円売りが見込まれるため、ポンドの上昇は続きそうだ。


欧州市場で、ドル・円は123円34銭から123円60銭、ユーロ・ドルは、1.0759ドルから1.0778ドル、ユーロ・円は132円81銭から133円16銭のレンジ内で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均