市場ニュース

戻る
2015年11月09日09時49分

【市況】日経平均は262円高、東証1部値上がりは1468銘柄、値下がりは324銘柄


09時47分時点の日経平均は先週末比262.37円高の19527.97円。6日の米国市場では、予想を上回る雇用統計の結果を受けて、年内利上げへの思惑が高まり銀行株に買いが波及。NYダウは46ドル高と反発したほか、ドル買いで円が123円台まで上昇したこともあり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円高の19460円、日経平均はさや寄せの格好から続伸スタートとなった。本日の上昇によって、8月21日のマド空け前水準19435.83円を達成している。

郵政グループ3社に関しては、日本郵政<6178>、かんぽ生命保険<7181>、ゆうちょ銀行<7182>ともに反発スタートとなったものの、利益確定売りが優勢でマイナス圏に転じている。

東証1部の騰落状況は値上がり1468銘柄、値下がり324銘柄。値上がり率上位銘柄は、オリンパス<7733>、日写印刷<7915>、生化学<4548>、丸井G<8252>、インプレスH<9479>など。値下がり率上位は、JUKI<6440>、ニチモウ<8091>、アシックス<7936>、山一電機<6941>、DOWA<5714>など。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 1468
値下がり数 324
変わらず 116
値付率 99.8%

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均