市場ニュース

戻る
2015年11月06日15時50分

【材料】チャーム・ケアが中間期業績予想を上方修正、入居率維持と新設ホームの入居者数が期初計画を上回る

チャームケア 【日足】
多機能チャートへ
チャームケア 【日中足】

 チャーム・ケア・コーポレーション<6062>は引け後、16年6月期第2四半期累計(15年7~12月)非連結業績予想の上方修正を発表。売上高は従来予想の43億8000万円から44億5000万円(前年同期比32.0%増)に、営業利益は同1億2000万円から1億8000万円(同2.1倍)に引き上げた。
 既存ホームにおいて高い入居率を維持するとともに、第1四半期累計期間に開設した「チャームスイート新宿戸山」の入居者数が期初計画を上回ったと発表。また、本社の経費を中心とした費用削減やホーム運営の業務効率化などが奏功したことも修正要因としている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均