市場ニュース

戻る
2015年11月06日14時59分

【材料】ユニチャームが3日ぶり反落、前引け後発表の3Q累計経常益は通期計画比半分強に止まる

ユニチャーム 【日足】
多機能チャートへ
ユニチャーム 【日中足】

 ユニチャーム <8113> が3日ぶりに反落。後場下げに転じた。朝方から堅調スタートとなり前引け直前には8月20日以来2ヵ月半ぶり高値水準を付けていた。しかし、この日昼(11:30)に発表した15年12月期第3四半期累計(1-9月)連結決算で、経常利益は404億円となり、通期計画の800億円に対する進捗率は50.6%にとどまった。前期は決算期変更があり9ヵ月の変則決算だった。ただ、決算期変更を考慮した1-9月期累計経常利益の通期予想800億円に対する進捗率は50.5%と半分強に止まっており、戻り待ちの売りが優勢となったようだ。

 市場拡大に向け先行投資を実施したことからアジア地域では営業利益が累計期間中で31%減となり営業利益率は7.4%と前年同期の12%から大幅に低下したとの報道があったことも嫌気されたようだ。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

日経平均