市場ニュース

戻る
2015年11月06日12時03分

【材料】ウィルグループ---スマホ市場の好調で上半期営業利益は83%増、進捗率は56%に

ウィルG 【日足】
多機能チャートへ
ウィルG 【日中足】


人材サービスのウィルグループ<6089>は5日、第2四半期累計(2015年4-9月期)決算を発表した。連結業績は、売上高が前年同期比30.8%増の198.60億円、営業利益が同83.4%増の6.14億円、経常利益が同80.3%増の6.16億円、純利益が同38.3%増の2.62億円となった。

スマートフォンの出荷台数の増加傾向を背景に、主力のセールスアウトソーシング事業やコールセンターアウトソーシング事業がともに増収増益となった。ファクトリーアウトソーシング事業についても、依然として強いインバウンド需要を背景に製造業全体の人材需要は底堅く、食品業界を中心に業績は堅調に推移した。

通期業績予想は従来計画を据え置いた。売上高が前期比20.1%増の391.20億円、営業利益が同16.5%増の10.94億円、経常利益が同15.2%増の10.94億円、純利益が同9.9%増の6.01億円を見込んでいる。通期計画に対する第2四半期末時点の営業利益の進捗率は56.1%と順調である。

同社は、特定業種に特化した人材派遣と業務請負を主力とする総合人材サービス企業。持株会社の傘下に国内6社、シンガポール3社、ミャンマー2社の子会社を持つ。業種特化に加えて、「ハイブリッド派遣」という特徴的な派遣方式による独自のビジネスモデルが強み。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均