市場ニュース

戻る
2015年11月06日11時37分

【材料】ラオックスが続伸、強気の欧州大手証券はバリュエーション面のディスカウントは行き過ぎと解説

ラオックス 【日足】
多機能チャートへ
ラオックス 【日中足】

 ラオックス<8202>が続伸。高いところでは前日比14円高の330円まで買われる場面があり、現在もプラス圏で推移している。
 クレディ・スイス証券では、最近の株価調整を受けて、新たに懸念すべき個別材料はなく、株価下落そのものが同社株を保有する投資家のセンチメントを急速に冷やしているものと推察。現在株価は17年12月期予想PERで17倍台まで調整、その成長性に鑑みて、バリュエーション面のディスカウントは行き過ぎと解説。
 レーティング「アウトパフォーム」と目標株価510円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均