市場ニュース

戻る
2015年11月06日10時30分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比110円高、ソフトバンクG、ファナックがしっかり


10時30分時点の日経平均は前日比110.86円高の19227.27円で推移している。ここまでの高値は9時19分の19261.75円、安値は9時02分の19164.86円。19200円を挟んだ小動きとなっているが、取引時間中としては200日移動平均線19249円を2ヶ月ぶりに上抜く場面が見られた。上値は重くなっているが、先物市場の商いは少なく静かな地合いとなっている。なお、上海総合指数は前日比-0.24%で取引を開始。

売買代金上位銘柄では、かんぽ生命<7181>、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>が利益確定の流れが先行しているが、売買代金は3銘柄で1000億円ほどに留まっている。一方、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ミネベア<6479>、ファーストリテ<9983>がしっかりとした推移を見せている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均