市場ニュース

戻る
2015年11月06日10時00分

【市況】10時時点の日経平均は前日比97円高、郵政3社はそろって反落も商いは膨らまず


10時時点の日経平均は前日比97.66円高の19214.07円で推移している。米国株は小幅マイナスだったものの、ドル買いなどを材料に東京市場は買い優勢で取引を開始。連日で上昇していた郵政グループ3社はそろって反落と利益確定売りが優勢となっているが、全体相場への影響は限定的となっている。

業種別では、陸運、電気・ガス、精密機器、小売、空運、ガラス・土石が上昇している一方、パルプ・紙、ゴム製品、石油・石炭、その他製品がさえない。売買代金上位銘柄では、かんぽ生命<7181>、日本郵政<6178>、ゆうちょ銀行<7182>が前日比3%前後下げているが商いはさほど膨らんでいない。売り圧力はさほど強まっていないと見られる。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均