市場ニュース

戻る
2015年11月06日07時21分

【市況】5日のNY市場は下落


NYDOW  : 17863.43 (-4.15)
NASDAQ  : 5127.74 (-14.74)
CME225  : 19225 (+85(大証比))

[NY市場データ]

 5日のNY市場は下落。ダウ平均は4.15ドル安の17863.43、ナスダックは14.74ポイント安の5127.74で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が概ね堅調な水準で推移したほか、7-9月期の労働生産性指数が予想を大幅に上振れたことで買いが先行。為替相場でドル高が進行したことや、軟調な原油価格などの商品相場が嫌気され、一時下落に転じる場面もあったが、明日の雇用統計の結果を見極めたいとの思惑から買戻しが入り、前日終値を挟んで揉み合う展開となった。セクター別では、耐久消費財・アパレルや銀行が上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器やエネルギーが下落した。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比85円高の19225円。ADRの日本株は、ルネサス<6723>、三住トラスト<8309>、三菱商<8058>が小安いほかは、味の素<2802>、トヨタ自<7203>、東レ<3402>など、対東証比較(1ドル121.74円換算)で全般堅調。
《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均