市場ニュース

戻る
2015年11月05日15時03分

【市況】国内大手証券、ドラッグストア業界ではサンドラッグとツルハHDに注目

 野村証券のドラッグストア業界のリポートでは、次期調剤報酬改定の財務省案(処方元の集中率が高い薬局の報酬がマイナス改定されている点等)はネガティブも、ドラッグストアは相対的に影響軽微と指摘。
 経産省が10月28日に発表した商業動態統計で、ドラッグストアの9月全国売上高は前年同月比6%増と前月より小幅減速したことに関しては、化粧品と食品が相対的に好調を維持、消費増税後に落ち込んだ化粧品需要は昨年末ごろから回復していることから、今後一巡感が強まると予想され、集客強化策の巧拙で販売格差が拡大すると解説。
 注目銘柄として、増税直後から改装・食品導入に注力する成果で足元客数が堅調なサンドラッグ<9989>とツルハホールディングス<3391>をピックアップしている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均