市場ニュース

戻る
2015年11月05日12時54分

【材料】藤商事が年初来安値を更新、国内有力証券では通期計画は達成が難しいとの見解

藤商事 【日足】
多機能チャートへ
藤商事 【日中足】

 藤商事<6257>が年初来安値を更新。売り優勢で始まり、安いところでは前日比40円安の1158円まで下落している。
 いちよし経済研究所では、下方修正された16年3月期通期見通しは、販売ラインナップや事業環境などから考えて計画達成が難しいと指摘。「リング」シリーズ以外の有力タイトルが育っていないことを懸念し、パチンコ機の有力タイトル育成には時間を要すると解説。
 レーティングを「A」から「B]に、フェアバリューを2100円から1400円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


日経平均